M字ハゲを改善するために40代のオッサンが選ぶ育毛剤

40代のおっさんが進行するM字ハゲを改善するために選んだ育毛剤は!?

 

人類が減りすぎた頭皮に髪を育毛するようになって、すでに半世紀が過ぎていた。

 

俺の周りの巨大なストレスの量は頭皮の薄毛の原因となり、頭皮はそこで毛を産み、伸ばし、そして死んでいった。

 

宇宙世紀0079、薄毛の原因でもあるストレスは、M字ハゲを名乗り俺の頭皮に薄毛戦争を挑んできた。

 

この数年間の戦いで髪の毛のコシとハリは総毛量の半分を死に至らしめた。

 

俺は自らの頭皮に恐怖した。

 

頭皮はどんどん薄くなり、数年余りが過ぎた。

 

この物語は40代のおっさんがM字ハゲを改善するために、どのように考えどうやって育毛剤を選ぶに至ったかを伝えたリアルな物語である。
君も、M字ハゲの改善を目指すなら心して読んでほしい・・・

 

なぜか書いていたら長文になってしまったので、まずはブックマークしていつでも読めるようにしておいてほしい(←お願い!!)

 

では、いってみよ!!

 

第1話 「髪の毛、頭皮から減る!!」→「ガンダム大地に立つ!!」

 

俺は悩んでいた・・・

 

何を悩むって、そう髪の毛である。

 

アラフォーになってだんだん髪の毛の量が減ってきた!!

 

 

30代後半を過ぎたころからどうにも前髪のあたりから後退し始めている。
全体的な量も減っていやがる・・・

 

どう考えても昔みたいに髪にコシやハリがない。

 

「これがアラフォーの洗礼ってやつなのか?」

 

これは誰もが起こりうることだから致し方がないと言えば致し方がないのかもしれない・・・。

 

昔まだ若かりし頃、バンドマンを目指して頑張っていたころに一生懸命ダイエースプレー(←知ってる!?)で、髪の毛を逆立てていたせいなのか、それともコーラ脱色して髪の色を抜いていたせいなのか、はたまた単純に年を取ったせいなのか?

 


↑気持ちだけはこうだったね・・・

 

近頃、どうにもオレの髪の毛が元気がない・・・
いや元気がないというより、存在が薄い・・・
俺の存在も薄けりゃ、髪の毛の存在はもっと薄い・・・

 

息子には「俺の親父、ハゲ〜〜」なんてワケのわからん歌をうたわれる始末である。
まぁ、怒れないんだけどね( ̄▽ ̄;)

 

「私もよくよく運のない男だな、30後半からの人生で髪の毛が減ることになるとは」

 

いずれにしても髪の毛が薄くなってきたことは事実だ。

 

世間一般ではこれを「ハゲ」と呼ぶらしい・・・知らなかった( ̄▽ ̄;)

 

 

 

ほっとけ!!

 

 

 

だがしかし、これを「ハゲ」と認めたのならば、それはハゲに屈服したことにも等しいのだ。

 

「やらせはせん、やらせはせん、やらせはせんぞぉ!」

 

そうなのだ!!

 

「認めたくないものだな!!自分自身の髪の毛の薄さというやつを!!」

 

 

第2話 「俺の頭皮復活命令」→「ガンダム破壊命令」

 

ということで、どうにかしなきゃいけない俺の髪の毛。

 

「今ならまだなんとか行けるような気がするぅ〜」(古っ!)などと鼻歌を歌いながらも、このまま何も手を施さないでいるわけにはイカンのである。

 

男、アラフォーまだまだ青春ど真ん中なのである!!

 

もしかしたら髪の毛が増えた俺を見て石原さとみちゃんが惚れてくれることだってあるかもしれない←いや、ない!絶対ない!!

 

いやそんなことはないと言い切れるであろうか?

 

「見せてやろう。髪の毛の量の違いが、モテ男との決定的差ではないということを」

 

いや、違う。これじゃ髪がないことを肯定したことになる、違う違う。

 

 

 

「冗談ではない!」

 

 

 

「増やすのだ、髪の毛を!!」

 

ということで、まず何から始めるべきなのだろうか?

 

そうだ、俺の頭皮に復活命令のように呪文を唱えてみよう

 

「ハゲちゃダメだ!ハゲちゃダメだ!!」

 

違う、これはアニメが違う!!

 

そうじゃない、「毛根が生きていれば髪の毛は生える」ということを聞いたことがある、ということで頭皮にいいことをするべきだ。

 

「んっ頭皮にいいことってなんだ?」

 

 

第3話 「頭皮の毛根を叩け!」→「敵の補給艦を叩け!」

 

頭皮にいいこと、考えてみた・・・考えてみてもわからんから調べてみることにした。

 

そしたら次のようなことがわかったのである




 

ん〜、何やらみんな抽象的なのである。
ヒジキを毎日食べろと言われても、それをカミさんにお願いできるであろうか?

 

いや、できない!!

 

だってウチのカミさんヒジキ嫌いだもの・・・

 

毛根を叩いて刺激してあげるのは確かに良さそうだ!!
具体的には


 チェック! 
テキスト

 

するといいらしい。

 

よしやってみよう・・・

 

「チャンスは最大限に生かす。それが私の主義だ!」

 

第4話 「M字ハゲ脱出作戦」→「ルナツー脱出作戦」

 

今更だが、俺の頭皮はいわゆるM字ハゲといわれるタイプに髪の毛が減っていている。

 

全体の髪の毛の量も減っていることは確かだが、とにかく前から減っていく。

 

V作戦ならぬ、M字作戦が俺の頭皮では進行しているらしい・・・

 

M字開脚ならよかったのに・・・

 

「そういう冗談はやめにしてくれないか?」

 

 

 

また、脱線した。

 

M字にハゲていくというのは、違うM字に薄くなっていくということはやはり男性に多いのだそうだ。

 

どうしてM字に減っていくのかというと、男性ホルモンの過剰分泌が原因なのだそうだ

 

俺がM字ハゲになる原因

 

男性ホルモンのテストテロンという物質が毛乳頭に入り込む

体内で生成される5αリダクターゼが発生

テストテロンが男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す

DHTが別の男性ホルモンのレセプターと結合し拡大する

こいつらが、薄毛・抜け毛が進行してM字ハゲになる。

 

ということなのである。

 

その要因としては

  • スケベである
  • 血流が悪い
  • 皮脂が多い
  • 目が疲れている

などによるものなのだそうだ。
って言っても
「これ、全部しょうがないでしょ」
そういった感じもしないでもないのだが・・・

 

ちなみに女性は頭頂部から抜け毛といった形で薄毛になる人が多いのだそう。

 

どちらにしても、
「どんなことがあってもあきらめちゃいけないよ。こんなことでハゲてちゃつまらないからね」

 

ということなのだ

 

第5話 「AGA突入」→「大気圏突入」

最近世間をにぎわしているAGAとは何なのだろう・・・

 

薄毛を気にしながらも、あえて避けてきたその言葉。

 

お医者さんで薄毛治療ができるということなのはわかっているが・・・

 

ちょっと調べてみた。

 

AGAとは?

「男性型脱毛症」のことである。

 

つまり、脱毛症という病気の一種なわけなんである。

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。
額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

 

なんだよ、結局M字ハゲのことじゃねぇか!!

 

それって俺のことかい!?

 

そうなんだけど、先に挙げた「M字ハゲの要因」これがまさにAGAのほとんどだそうで、実にAGAの9割がこれなんだそうである。

 

てっきり病院で治療することをAGAっていうんだと思ってた。

 

AGA自体が病気でそれを病院で治療しましょということなのね。
そのくらい無知だったわけである・・・

 

でも、でもだよ。

 

いっくら世間でAGA治療と騒がれていようと病院に通うのはちょっと・・・
だって、あれってハゲって認めているようなもんジャン・・・否、ハゲか、俺?

 

 

「認めはせん、認めはせん、認めはせんぞぉ〜」

 

 

それに一度通いだすとずっと通わなきゃいけないんでしょ、あれ。

 

そりゃ、無理だ。

 

そんなヒマはない!・・・それより何より絶対に心が折れるに決まっている

 

歯医者だってまともに最後まで通えないのに・・・

 

ということでアラフォーになってAGA突入ということだけはわかったのである。

 

じゃあ、あれか!
増毛、植毛ってやつか・・・イカン、あれは俺の毛じゃない

 

頭にダミーを載せているようなものだ!!
ちょっと、違うかもしれんが。

 

それに何よりコストがかかりすぎる!!
あれは、金持ちのための薄毛対策だ。

 

などと、勝手に心に決めこれらの選択肢は俺の心からそっと消したのであった。

 

 

第6話 「育毛剤導入す」→「ガルマ出撃す」

そう、問題はコストなのである。

 

もちろん俺様の髪の毛ごときには妻はビタ一文出してくれるわけはないのである。

 

「そんな余裕はない、てめぇで何とかしろ」

 

そう言われるのがオチである。

 

しがないサラリーマンの俺が髪の毛をなんとかしようと思っても、頼れるのは少ない小遣いのみなのである。

 

「やれるのか、俺」

 

というわけなもんで、上の選択肢はやっぱりないのである・・・

 

「せっかく減った髪の毛です、これ以上増やさずに優良な毛根だけを残す、それ以外に頭皮の永遠の平和は望めません」

 

そんなことも確かに頭をよぎった

 

でも、

 

でも、

 

でもですよ!

 

 

「ハゲとは違うのだ、ハゲとはぁ〜〜」

 

 

そう心でつぶやきながらあたりを見回したら、あるものが目に入った。

 

「そうだ、育毛剤という手があるじゃないか?」

 

ただ育毛剤という世界は俺には皆無の世界だった。

  • でも、あれ効くのか?
  • 一体、いつまでつかえばいいんだ?
  • 値段は?小遣いで買えるのか?
  • ぼられるだけじゃないのか?
  • そもそも、だからホントに効くのか?
  • 俺の髪の毛、生えてくるのか?

 

 

「貴公は知っておるか?育毛剤を」

 

第7話 「育毛剤比較せよ」→「コアファイター脱出せよ」

こうして育毛剤で薄毛対策を施してみようと決めた俺は育毛剤を調べてみる旅に出ることになる。

 

これまであまりこういったことに目を向けていなかったから、頭の中では様々な疑問が駆け巡っているのである。

 

市販ではスカルプDやリアップが有名なことくらいは知っている。
けど、それ以上はあんまり知らない。

 

世は1億総ネット時代。

 

「もしかしたら、ネット上にはもっと安くて効果のあるものがあるんじゃないか?」
「だいたいにして髪の毛が生えてくる成分ってなんだ?」

 

「やっぱ、わかめなのか?」

 

そして、俺は悩み続けた。
頭がハゲそうだ。

 

色々試す金銭的余裕なんてない。

 

どうしよう?

 

このままじゃどんどん薄毛になっていく・・・

 

 

 

とここに、ジオンの御曹司がやってきた!!

 

 

「いよう、シャア。君らしくもないな、育毛剤探しにてこずって」

 

「言うなよガルマ。いや、地球方面軍司令官ガルマ・ザビ大佐とお呼びすべきかな?」

 

「士官学校時代と同じガルマでいい」

 

「なにかいい育毛剤はないか?」

 

「ああ。その点から推測できる戦闘力を今、計算させている。

 

見つけたぞ。イクオスという育毛剤がいいらしいぞ!使ってみたまえ」

 

「お言葉に甘えよう。しかし、ジオン十字勲章ものであることは保証するよ」

 

「ありがとう、これで私を一人前にさせてくれて。
姉に対しても私の男をあげさせようという心遣いかい?」

 

 

 

「私はよい友を持った」

 

「水臭いな、今更。ハハハハハ」

 

 

こうして俺はイクオスと出会ったのである・・・

 

 

第8話 「育毛剤はイクオス」→「戦場は荒野」

そしてついに見つけた!俺の育毛剤。

 

それが「イクオス」だ!!

 

 

なぜイクオスにしたのか、なぜイクオスじゃなきゃダメだったのか?

 

その理由はこうだ。

 

名前がガンダムに似ていてゴロがいいかから・・・

 

ちがうッ!!

 

ネット上には数限りない種類の育毛剤が売っている。
見るからに怪しいものもあれば、こんなもん高くて買ってられるか!思わずそう叫ばずにはいられないものまで、ホントに数限りないのだ。

 

そんな中である程度人気があって効果が高く、しかも価格も抑えめで売れている育毛剤が3つあるらしい

 

それがこれ↓

  • イクオス
  • チャップアップ
  • ブブカ

なのだそうである。

 

この3つに共通して配合されている成分がM-034という成分。

 

「おっモビルスーツの式番みたいじゃないか!!」

 

なんだM-034って?

M-034とは、海藻エキスのことで北海道ミツイシコンブ由来のエキスなのだそうだ。

 

毛根部の活性を上げて発毛を促進する効果が認められている成分ということで、発毛に特化した効果があるということなのだ。

 

 

リアップなど有名なミノキシジルと同等の効果が認められているそうな・・・

 

「じゃあ、リアップでいいじゃん」

 

誰もがそう思うことであろう。

 

でも、ミノキシジルには副作用の可能性が高いらしくにおいもキツイ。
最悪の副作用の場合、血圧低下や心筋梗塞の恐れも・・・

 

「育毛剤使って死んだなんて言ったら笑うに笑えないぞ」

 

そんなことがM-034にはないということ。
なんせ天然由来成分だから頭皮への無駄な刺激がなくお肌にとことん優しい。

 

ん〜優しさに包まれていたい!!

 

それに「髪を育てながら抜け毛の予防もしてくれるため、効率の良い育毛が可能になる」とか「頭皮の乾燥を防いで弾力を保ってくれる」といった効果も挙げられるのである。

 

ということで、今大注目の発毛成分であることは間違いないわけだ!!

 

他の成分は?

あとはセンブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムという成分が共通で入っていて

 

センブリエキスには血流の改善や毛細血管の拡張に効果といった効果が、
グリチルリチン酸ジカリウムには毛髪が成長しやすい頭皮環境を整え、脱毛を防止し、毛髪の成長を促すという効果があるらしい。

 

さらに共通なのはオウゴンエキスとかヒオウギ抽出液とかビワ葉エキスとか・・・

 

「んっ!!全部同じじゃねえか?」

 

いや、厳密にはちがうようなんですがね・・・

 

どうやら、この3つもともとは天真堂なる会社が作っているらしいぞ。
いわゆるOEMってやつね。

 

それぞれに、特徴はあるものの基本ベースは同じということのようだ。

 


「まるでアナハイムエレクトロニクスだな」俺はつぶやいた。

 

そう、エウーゴにもティターンズにもMSを供給するってやつである。

 

ということはである!!

 

基本成分が同じ=基本効能は同じ

 

という図式が成り立つんじゃないか?

 

ということは少ないお小遣いで何とか髪の毛のためにやりくりをしなければいけない現状を考えると、少しでも安い方がいい。

 

「俺もついてきたなあ。こんなきれいな育毛剤と御一緒できるなんて」

 

しかも、このイクオス、最近リニューアルしたみたいでその性能がパワーアップしたようだ。
さらに定期購入の価格が安くなったというじゃないか!!

 

ということで決まった。

 

イクオスだ!!

 

こうなるとイクオスを使ってみたくてしょうがない。

 

いや、もはやイクオスを使わない理由が見当たらない。

 

「ダメなら解約だ!返金保証も使ってやる!!」

 

ちなみにこのイクオス、返金保証が45日もついているのである。

 

「見せてもらおうか、リニューアルしたイクオスの性能とやらを」

 

ちなみに、リニューアル前は知らない・・・

 

第9話 「増やせ!イクオス」→「翔べ!ガンダム」

 

生えあがれ!生えあがれ!髪の毛〜!! 髪よ〜!!生えろ〜!!♪

まだ髪の毛増える〜!頭皮があるなら〜♪
巨大な毛根、増えろ増えろ増えろ〜♪
薄毛の原因見つけろイクオス♪
育毛戦士イクオス、イクオス♪

 

もう一度言う。
「見せてもらおうか、リニューアルしたのイクオスの性能とやらを」

 

【新イクオスの特徴】

 

・リニューアルにより育毛ケア成分が「31種類」から「61種類」に!
・キャピキシルを超えた世界初の独自調合「アルガス2」を配合!
・厚生労働省が「育毛」に効果があると認可した医薬部外品!
・業界最大級「45日間」の返金保証あり!
・販売価格が他育毛剤と比べ安価にも関わらず、成分やサポートはトップクラス!
・無添加無香料無着色なので、敏感肌の方や、男性だけでなく女性の愛用者も急増中!

 

ハイ、見せました!!

 

とにかくイクオスの最大の魅力は価格。
こういうものは1回や2回使っただけで効果を求めるのは野暮というもの。

 

長く続けるからこそ効果が出る

 

ということはお財布事情が厳しいパパさんには
「これほど嬉しいことはない」

 

ということになる。

 

それでいて効果がバッチリ出るんだったら

 

「使わない理由がもはや見当たらない(←二回目)」

 

というわけですな!!

 

ということで、早速注文してみることしてみたのである。

 

・・・がっ!!

 

 

ちなみにこの「イクオス」楽天やアマゾンでは扱っていない。
仮に扱いがあってもそれは正規品としては扱ってくれないらしい。

 

つまり返金保証やサポートが受けられなくなってしまうそうだ。

 

ということで「イクオス」は公式サイトで購入するのが望ましいということみたい。

 

ということで、ここから注文できるのである!!
興味がわいた諸氏は確認してみてくだされ!!

 

イクオス公式サイト

 

 

 

はい、これが俺の「育毛戦士イクオス」なのである!!

 

 

 

 

そしてこれがサプリ。

 

 

「ん?サプリ?」

 

そうサプリなのである。なんとこのサプリ、イクオスを定期購入すると+1000円で購入できちゃう。

 

これまで、俺はサプリなんてものは信じてこなかった。

 

けど、ここのところひどい肩痛に悩まされていたところ、目に留まったサプリを半信半疑で試してみたらなんと肩痛が良くなったのである。

 

「サプリって効くんだぁ〜」

 

今頃になってそんなことを痛感したのだ。

 

ということはである。

 

「髪の毛にサプリだってあながち効果はあるんじゃないか?」

 

何よりも+1000円だしね!!

 

 

ということでイクオス+サプリで薄毛戦争を終幕させるべく、最強の部隊が完成したということだ!!

 

これが俺の「M字ハゲ改善作戦だ!!」

 

 

これで舞台は整った!!

 

「ぼくは… ぼくは… 薄毛に勝ちたい…!」

 

「イクオスちゃ〜〜んあとは頼んだよ〜〜」

 

ということで、こうして俺がM字ハゲ改善に選んだアイテムは「イクオス」に決まったのである。
まあ、実際にこの先どうなるかわからないけど、何もしないよりはいいでしょ!!

 

ということで、今回のお話はここまで。

 

ご清聴ありがとうございました!!

 

イクオスに興味の出た方は下のボタンからチェックしてみてくだされ!!

 

 

無添加育毛剤イクオス